FC2ブログ

維新の旅 松下村塾へ

Posted by 文鳥ママ on 18.2017 0 comments 0 trackback
はっきり言って、旧上級武家地より旧町人地のほうがおすすめ。
18.jpg
高杉晋作生誕の地。
武士と言ってもつましい生活だなぁ。  まあ、あまり派手に
しないところも美徳とされていたんだろうけど。

え~、どちらさんでしたっけ・・・当時の豪商のおうち。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

23.jpg
ここでレンタサイクルを返却し、徒歩で今回の旅行のメインイベント☟
24.jpg
同じく世界遺産 松陰神社。
幕末の英傑、吉田松陰にまつわる建物がこの一帯
きれいに整備されて、往時のまま残されています。

実はわたくし、高校生時代、修学旅行で来ていますが
歴史上の人物の中でも吉田松陰の大のファンである相方はお初。
常々「1度行ってみたいなー」と申しておりました。

25.jpg
吉田松陰ファンにしてみれば聖地ですね。  松下村塾。
高校生だった私の印象は、今でも覚えています。

「小屋じゃん」。

私も歴史好きですが、飛鳥時代とかで。

26.jpg
でも、明治維新という歴史の大転換はこの小さな小屋から
始まった・・・・って言っても言い過ぎではないような。

飛鳥時代なら大化の改新か。(ちょと違うか)

27.jpg
基本、松下村塾の中には入れないのだけどオプショナルツアーで
限られた時間に、限られた人数入ることができます。
もちろん私たちも入らせてもらい、ここの☝お部屋で
足のしびれと戦いながら、宮司さんの当時のお話など拝聴しました。

さあてここから、今回の宿がある湯田温泉街まで山2つ越えて行きます。

が、

本来の目的だったバスは行ったあと。
電車なら途方もなく、話にもならんほど大回り。
タクシーなら距離考えて¥20000はかかる可能性あり。
申込時、近ツリの方が提案した第2の選択しか方法がない。

さあ、どうなる中年夫婦。             つづく。
スポンサーサイト




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 旅行

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bunne1208.blog.fc2.com/tb.php/898-f7f83a6a

プロフィール

文鳥ママ

Author:文鳥ママ
はじめまして~
文鳥やグルメなことや
旅行が好きな愛鳥家です
(*・.・)ノ ヨロシク・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking

・*:..。o○ポチットナ○o。..:*・ ・Υ・)ノ・*:..。o○ョロシクゥ○o。..:*・ヽ(・Υ・`o) (m。_。)m オネガイシマス

フリーエリア

FC2掲示板

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © 徒然なるままに~気まぐれ~ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary