FC2ブログ

高野山 福智院 

Posted by きいち on 30.2020 0 comments 0 trackback
福智院宿坊内廊下を見上げると
IMG_2189.jpg
昔、使用されていたであろう駕籠。
奥にぶら下がっている方は、身分が高い人用(たぶん)

IMG_2190.jpg
大広間の襖絵。
こんなふうな、美術品じゃないの?と言いたくなるような物が
あちこち無造作にあります。
IMG_2194.jpg
その大広間。

IMG_2191.jpg

IMG_2192.jpg

IMG_2193.jpg

IMG_2195.jpg
枯山水のお庭。 夕食は向こう側の座敷でいただきます。
朝はこちら側からこの枯山水を見ながら、コーヒータイムができます。

一角には歴史的に価値のあるものも陳列してあって(もちろんケース内)
IMG_2198.jpg

IMG_2197.jpg

IMG_2196.jpg
昔の身分の高い女性のお化粧道具だな。
説明されているものは何も添付されてなかったけど。

戦国時代のキリシタン大名、高山右近の鎧兜もあった。

陽もだいぶん西に傾いてきたようだけど、外にも行ってみます。

IMG_2202.jpg
世界遺産金剛峯寺。 っていうか、この辺り一帯が世界遺産認定。
内部の拝観は・・・・時間切れ。

IMG_2203.jpg
大門。

IMG_2207.jpg

IMG_2210.jpg
根本大塔。
IMG_2225.jpg
ちなみに夜の根本大塔。

IMG_2205.jpg
静寂。 蝉の鳴き声しかない。
IMG_2206.jpg

さて、食事の時間もあるし、その前に汗も流したいので帰るか。
スポンサーサイト




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 旅行

高野山 宿坊福智院

Posted by きいち on 29.2020 0 comments 0 trackback
IMG_2200.jpg
高野山に来た目的は、宿坊に泊まってみたかったから。
小学生のときに、泊まった記憶があるのだけど、もちろん
どこの旅館だったのか覚えてないし。

いろいろ調べて、ここ「福智院」に。
高野山の宿坊の中で、唯一の温泉らしいです。
IMG_2199.jpg
こんにちは|д゚)
お世話になります。

お部屋は中2階のような。
IMG_2178.jpg

IMG_2179.jpg
入ってすぐの次の間。
IMG_2184.jpg
中庭を臨む。

IMG_2180.jpg
フツーの客室。 窓の向こうは・・・・
IMG_2188.jpg
室外機。

IMG_2181.jpg
ここはお寺なので、豪華さはありません。

IMG_2182.jpg
もちろん、清潔にはされてあります。
下界と違って、水道水が冷たい(・∀・)

IMG_2187.jpg
血糖値を上げて、あちこちうろうろしてみます。
宿坊だけでも大した広さなんで。
IMG_2240.jpg
宿坊絵図面。


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 旅行

高野山

Posted by きいち on 28.2020 2 comments 0 trackback
IMG_2165.jpg
なんばと高野山を結ぶ特急「こうや」の車内。
IMG_2163.jpg
午前中仕事して、一度帰宅して高島屋で買ったお弁当持ち込んで。

IMG_2164.jpg
8月初め、炎暑の下界をあとにして高野山へ。

IMG_2167.jpg
ケーブルカーに乗り換えるため「極楽橋」で下車。
リニューアルされた駅舎の美しい天井。
IMG_2257.jpg
宝来天井絵☝
日照時間の短い高野山では、稲作ができず、しめ縄の代わりに
「宝来」という切り絵を飾る風習があるとか(南海電鉄HP)
この宝来をモチーフに、極楽鳥や干支等の縁起物をかたどったそう。
IMG_2168.jpg
ケーブルカー乗り場へ。

IMG_2169.jpg

IMG_2170.jpg
高低差328mを約5分。

IMG_2177.jpg
とーちゃーく

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 旅行

映画の窓 帰ってきたヒトラー他

Posted by きいち on 24.2020 0 comments 0 trackback
20200910_160214.jpg
退屈だった。 場面はほとんどが薄暗い海中ばかりで
女の子2人がキャーキャー言ってるだけ。
もう過程はいいから、早く結果だけみればいいか的な。
最後、2人とも助かったと思ったら・・・が意外だったけど。

20200910_160103.jpg
トム・クルーズのようなトップスターでも、こんな映画出るんだ・・・・。

20200910_133730.jpg
見応えあり。
単なるコメディかと思ってたけど、最後ゾッとする。

20200910_133852.jpg
1945年、アドルフ・ヒトラーはベルリンにて自殺・・・・のショックで
タイムスリップ。2014年に蘇る。

20200910_134805.png
キオスクに売ってる新聞で、今は何年かを知り、疲れとショックで
その場で気を失う。

20200910_135022.jpg
軍服をクリーニングに出したヒトラー。
左の青年、ザワツキ―は当然本物のヒトラーと知らず、彼に
タレント性を見出し、ドイツ中旅をして、記録に収めればクビになった
テレビ局にもう一度雇ってもらえるのではと期待する。

20200910_135826.jpg
ドイツのいたるところで人々と話をするヒトラー。彼は現在の
ドイツの問題点を見抜く。 その中のひとつは「移民問題」

20200910_141135.jpg
SNSの時代、人々はあっという間に「ヒトラーにそっくりなコメディアンが
ドイツ中をまわり、なかなか痛快なことを言っている」と知り、
ヒトラーはますます人気者に。
20200910_141225.png

20200910_141348.jpg

20200910_142736.jpg
テレビにも出演。 半ばおもしろがっていただけの人々も
ヒトラーの高圧的な、しかし真剣で力強い演説に、
少しづつ引き込まれていく。

20200910_141950.jpg
ザワツキーは目論見通り放送局に再雇用され、恋人である
受付嬢クレマイヤ―は、上司の命令でヒトラーにインターネットの使い方を
教える。
20200910_142927.jpg

20200910_143500.png

20200910_145553.jpg
SNSを駆使し、有名人になっていくヒトラー。
その躍進を不愉快に思う人物が、ヒトラーが最初の旅で指をかんだ
犬を、なんの躊躇もなく射殺した映像を流したため彼は
テレビ界から干される。

20200910_145646.jpg
しばらくクレマイヤ―の家に居候をすることになるが、彼女の
認知症の祖母がヒトラーを見たとたん、顔色を変え「出ていけ」
と、追い出す。
祖母はユダヤ人で、家族は全て、ヒトラーの命を受けたナチスに
殺害されていた。

このときの、祖母のセリフにゾクっとする。
「最初は、みんな笑っていたわ。」
あのときも。そして今も。

この祖母の態度を見て、初めてザワツキ―はあることに気づく。
「この男は本当は誰なんだ?本当はどこから来たんだ?」

結局ザワツキ―の家に居候することになり、暇になったヒトラーは
一冊の本を書く。
この本がバカ売れ。映画化されることになりヒトラーはまた人気者に。
この間、ザワツキ―は真相にたどり着く。
「あいつは本物だ」

「こいつは本物のヒトラーだ!みんな危険だ!」ザワツキ―はヒトラーを
殺害しようとするが、結局捕らえられ、精神病院に強制入院となる。

移民への不満は、かつてのユダヤ人への不満と同じではないか。
ラストは実写映像も交えながら、現代でもヒトラーのような怪物がまた
生まれ出る可能性を示して終わる。
20200910_151139_2020092422350967f.jpg

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 映画の窓

大阪福島 炭味家

Posted by きいち on 11.2020 0 comments 0 trackback
1年ぶりのご無沙汰でした。
DSC_6313.jpg
大阪環状線福島駅からちょいと歩く。
絶品の創作料理の数々、30年は通い続けてる「炭味家」
DSC_6314.jpg
最初は赤ちょうちんがぶらさがる、20人程度しかお客が入れない
隠れ家的なお店だったけど
DSC_6316.jpg
今まで来店した有名人のサイン

DSC_6318.jpg
久しぶりに堪能するぞっ

DSC_6317.jpg
最初はなんといっても「けんさきイカのおろしマヨ」
ほとんどの人が注文してる人気メニュー。
特製マヨネーズとたっぷりの大根おろしの下は甘くて柔らかいイカ。

DSC_6320.jpg
30年前からのメニュー、コンタン。 牛タンの燻製。

DSC_6322.jpg
ごろごろにんにくの唐揚げとムサカ。

DSC_6321.jpg
ミートソースとなすびとトマトを重ねて、チーズでこんがり。
30年前からのメニュー。

DSC_6323.jpg
柔らかな牛たたきに、葱や青紫蘇の香草、たっぷりのガーリックチップス。
これまた30年前より。

DSC_6324.jpg
ほんのりピリ辛、タイ風カレーシチュー。
ナンが付いてます。

DSC_6325.jpg
〆にガーリックピラフを注文することが多いんだが、この日はリゾット。
DSC_6326.jpg
ちゃんと、お米の芯が残った雲丹のリゾット。
このお皿、けっこう深みがあって、最後はどうしようもなくお腹いっぱい。

いつもはもう少し食べられたはずだけど・・・と思い、けどこうやって
改めて写真見たらやっぱりけっこう食っとる。

ごちそうさまでした🙋今日も本当に美味しかった

帰り、福島駅を通り過ぎて「パネポルチーニ」で明朝のフォカッチャを買い
すぐ近くのこんな雰囲気のいいBarでワインだけ。
DSC_6327.jpg
「長屋Bar」
ランチのオムライスも有名なようです(^o^)丿

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 福島 炭味家

堺東・ピッツァ99(ノヴェンタノーヴェ)

Posted by きいち on 10.2020 0 comments 0 trackback
この日の晩ごはんは、家から歩いてすぐのこちら

DSC_6289.jpg
予約は必須のナポリピッツァ店、「99」
DSC_6290.jpg
イタリア、ナポリに本部のある「真のナポリピッツァ協会」から
認定を受けた証。
世界でこちらが602店目ってことで。
DSC_6281.jpg

DSC_6278.jpg
ペローニの生が飲めるのも、南大阪でここだけらしい。

DSC_6282.jpg
1枚で4つの味が楽しめるクワトロフォルマッジ。
とうもろこしやししとうで、夏の味。あとはポルチーニ、サルシッチャ。

DSC_6283.jpg
豚肉の厚切りステーキ、ポルケッタ。
DSC_6284.jpg
肉汁たっぷりジューシー。

DSC_6285.jpg
マカロニコロッケ
ライスコロッケなら家でも作ったことがあるけど・・・・
DSC_6286.jpg
中はこんな。デミグラスソースとパスタ。

DSC_6287.jpg
エスプレッソ
いつものようにブラックでいただこうとしたら、マスターが
「ナポリでは砂糖を入れて、ゆっくりとそれこそ30回ぐらいかきまわして
飲みます」と。
そういえばお気に入りのBS「小さな村の物語 イタリア」でも
そんなシーンがあったような・・・・。

では、おすすめの飲み方で。 砂糖が多いのでとろみがついたよう。
変に甘いのでは・・・と思ったけど甘味と苦みが混在するようで美味

ごちそうさまでした🙋今日も美味しかった

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 堺市

堺・居酒屋おやじ

Posted by きいち on 09.2020 0 comments 0 trackback
南海本線堺駅近く
DSC_6312.jpg
地元の人が集う人気店、「嘘八百」という映画のロケにも使われた
DSC_6311.jpg「おやじ」

DSC_6301_20200902213312ef7.jpg
店内モロ昭和です。 飯蛸の煮つけをつまみながら・・・

DSC_6303_2020090221331473d.jpgなにしましょ(´ω`人)

DSC_6302_202009022133133b0.jpg

DSC_6305.jpg
新じゃがの天ぷらは熱々。

DSC_6307.jpg
夏と言えば鱧だけど、湯引きは家でもできるし。
こちら家で作るには、なかなか無理がありそうな鱧のアスパラ巻き天。

DSC_6308.jpg
じゃこパリパリ揚げ
スプーンで食べたい。

DSC_6310.jpg
いか餃子

美味しかったよごちそうさまでした🙋
要予約です

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 堺市

堺市 つぼ市製茶本舗

Posted by きいち on 03.2020 0 comments 0 trackback
前回訪問したのは、5年も前になるんだな。
しょっちゅう前は通っているのに・・・・。
DSC_6275.jpg
堺市チン電沿いにある「茶寮 つぼ市製茶本舗」
この5年の間になんばの2号店には2回行ったけど。
DSC_6276.jpg
かき氷を食べに。
平日の開店11時前におじゃま|v・`)ノ|Ю
3台しかない駐車場にもスムーズに駐車でき、店内へ。
物販コーナーは10時半から開いてます。
DSC_6273.jpg

DSC_6266_202009022128446b9.jpg
いちばん奥の席へ。
DSC_6267_20200902212846bf3.jpg

DSC_6271.jpg
(゚∀゚)ふわふわの無重力かき氷
堺は中世の頃から、鉄砲や刀鍛冶で有名ですが、この氷も
老舗の刀鍛冶で打った刃物で削ってるとか。
DSC_6270.jpg
オプションの白玉。
頭がキーンと来ない。抹茶が贅沢にたっぷり使われていて
最後は冷濃茶です。
美味しかったごちそうさまでした🙋冬のぜんざいもまた来るよ

さすがに平日は空いてるな、と席を立ったら物販コーナーに
20人ぐらい並んでたΣ(´∀`;)

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 堺市

映画の窓

Posted by きいち on 01.2020 0 comments 0 trackback
20200831_165036.jpg
なにが怖いのかさっぱりわからなかった。
雨の住宅街、暗い部屋、無表情の母親、地下室と、この辺りまでは
ワクワクしたけど。
なんの予備知識もなかったから、なんでピエロなのかわからんかったし。
行方不明になった子供たちがプカプカ浮いてるのも(。´・ω・)?だった。

20200831_170253.jpg
北川景子って、あまり演技うまくないんだな・・・。

20200831_170357.jpg
2匹目のどじょうを狙った「パタリロ!」はこのようには
いかなかったようで・・・。

20200831_170839.jpg
夢を追い続けた若い男女の愛と別れ。
舞台化したらどうだろう。
あの色と音楽の大洪水の高速道路のシーンは無理か。

20200831_171257.jpg
劇場まで観に行った友人が「おもしろかったよ」というので録画して見た。
なにがおもしろいんだろうと思ったけど、途中、劇中のメイキングが
始まると、バカバカしいほどおもしろい。
でも、ちょっとね・・・血しぶき飛びすぎ。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 クリックよろしく!
Category : 映画の窓
HOME 

プロフィール

きいち

Author:きいち
はじめまして~
文鳥やグルメなことや
旅行が好きな愛鳥家です
(*・.・)ノ ヨロシク・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking

・*:..。o○ポチットナ○o。..:*・ ・Υ・)ノ・*:..。o○ョロシクゥ○o。..:*・ヽ(・Υ・`o) (m。_。)m オネガイシマス

フリーエリア

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © 徒然なるままに~気まぐれ~ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary